スクリーンショット 2015-07-03 17.29.41

あなたもマレーシアで働けます。

マレーシアには2万人以上の日本人が住んでいます。

あなたも「マレーシアで働く」を選択肢に入れてみませんか?

・急成長のアジアで働いてみたい

・旅行で行ったマレーシアが好き

・海外でキャリアアップしたい

・グローバル人材を目指したい

・いまの会社でも問題はないが、将来性が見えない

・慣れてきてしまったので、もっと刺激がほしい。

・なにか新しいことに挑戦したい

・もっと成長したい

・他人とは違うキャリアを作りたい

・英語を使って仕事がしたい

etc…

こんな気持ちに少しでも共感できるなら、

ぜひマレーシアでの求人情報を伝えさせてください。

海外で働く、という選択肢を含めて、

あなたのキャリアを考えていきましょう!

マレーシアで働くにはどうすればよい?

マレーシアは欧米諸国と比べて日本人の就労ビザが取りやすくなっていますが、多少偏りがあります。業種としては、製造業やIT系エンジニア職の求人情報が多く存在します。商社やメーカー、金融業界の営業職、管理職もマレーシア求人として多くあります。最近ではサイバージャヤというITオフショア地域で日本語のみのコールセンター求人も出てきています。英語ができない場合、このようなコールセンターのオペレーターという道もあります。

内定さえ取ることができれば、就労ビザに関しては勤めている会社で書類を準備・申請してくれるので特に手間は多くありません。

マレーシア就職での特徴

マレーシアの特徴は?

マレーシアの特徴は多様な人種という点があります。人口の65%がマレー系、中国系が約24%、インド系が8%となっています。さらにマレー系と言ってもさまざまで、宗教や風習が異なる場合も多いです。

生活習慣はイスラム教国ということもあり宗教と密接に関わっています。ただ近代化の影響もあり、それほど厳しい戒律ではない印象です。

多民族国家ということもあり言語も様々です。ただ旧イギリスの植民地のため、英語が広く普及しているのが有難いところ。現在の公用語はマレーシア語。そのほかには中国語、インド系のタミル語なども使われています。世界的に見てもマルチリンガルな環境となっています。

TOEICスコアでは、できれば700点レベルがあると応募時点では条件クリアとなります。中国語については、HSK6級レベルのスキルがあると良いでしょう。マレー語は、日本で学べるツールが限られているため、現地に行ってからでも大丈夫です。

マレーシアで働くとは?

マレーシアへ活路を見出す日本人ビジネスマンも増えています。マレーシアの現地企業に就職するためにはどのような準備やスキルが求められるのかご説明していきます。

求人に応募する場合にはさまざまなスキルや経験が問われます。とくに重要なのはやはり語学力です。職種や業種によって求められる語学力のレベルは変わりますが、海外で企業にアジア就職する以上、日常会話と意思の疎通が問題なくこなせる程度は必須となります。

実はマレーシアでは外国人の就労には厳しい条件を設けており、原則として27歳以上であることが前提となります。(ちなみに近隣のベトナムやカンボジアであれば問題なく就労ビザが取れます。)ただIT関連職だけは23歳以上と基準が緩い業界もあります。そのうえで雇用企業において就労ビザを取得する必要があります。

職歴や経歴については、これまでの仕事の経験を生かせる求人を選んで働く事になります。基本的には即戦力採用ですが未経験者採用の求人も少し見られます。当然大卒が優遇されますが、特定スキルがあれば高卒や専門学校卒でも採用されるケースもあります。

現地採用での給料と待遇について

一般的な待遇としては、週休二日制です。休暇は日本の制度に準じ夏と冬に長期休暇があります。

報酬は、管理職クラスでも平均で5000RM~12000RM、賞与が別に1~2か月分支給されます。一般の社員クラスの場合は、3500RM~4000RMほどの給与が平均です。技術者は~10000RMまであります。ちなみに1マレーシアリンギット(RM)=約31円です。

マレーシアの現地日本企業の給与体系は、日本とは異なり現地の基準に合わせているため給与は日本に比べると相対的に少なく見えますが、現地の生活コストを考慮すると問題ないレベルの報酬になります。(賞与は企業規模や売上高により上下します。)

マレーシアの求人情報はどんなものがある?

マレーシアで働く手段として現地の日系企業に就職するというのが、最も可能性のある方法です。営業、事務、経理、人事、秘書、企画、マーケティング、店舗スタッフ、旅行代理店、人材会社、ショッピングモールスタッフ、飲食店店長、エンジニアWEBデザイン、技能工、設計、カスタマーサポート、事業責任者など。

日本語教師などのボランティアなどの形ではない、キャリア形成につながるような業務もたくさん出てきております。

マレーシア移住ってどうですか?

マレーシアは日本人の移住先として人気の高い国です。治安、教育環境がよく、経済発展が期待できるといった点が理由です。

ビザに関しては、日本人がマレーシアに滞在する場合にはビザなしでも最大90日の滞在が可能です。まずビザなし滞在で現地での生活に溶け込めるかどうかを試すこともできます。

最大10年間の長期滞在のビザもあります。特に50歳以上はこのビザの発行が容易になります。ただし、このビザを取得するためには約910万円以上の流動資産、約26万円以上の月収、約390万円の定期預金の開設、マレーシア国内の病院・診療所で発行された健康診断書の提出などが求められます。

治安に関しては基本的には安定しており、気をつけていれば問題がないと言えます。医療機関も充実しており、英語や日本語の意思疎通が可能な病院も多々あります。

アジア求人エージェントはどんなサービス??

マレーシアの主にクアラルンプールでの求人情報をご紹介します。

1:現地の求人情報をご紹介!

マレーシアで取得したリアルな求人情報をご紹介します。

日本にいてはなかなか手に入らない企業情報も提供します。

2:海外就職経験者にキャリア相談!

実際にアジアに住んで働いていた経験者ならではのキャリアアドバイスを実施します。

3:すべて無料!

求人情報取得・キャリア相談・入社まですべて無料です。

(企業様からフィーを頂く形で運営しております)

お気軽にお電話かメールでご相談できます!

少しでもご興味があれば、無料の海外転職相談をさせて頂きます。

下記よりお気軽にご連絡くださいませ!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

メッセージ本文

〜追伸〜

実際のイメージをつかんでいただくためにマレーシアの動画をご紹介します。どんな街か参考にして頂ければと思います。

ご連絡お待ちしております!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加